FXの確定申告について

FXの確定申告について

FXは多くの人が行っている投資ですが、順調に利益をあげることができたら、今度は税金が気になってくるものです。

税金について知っておきたいですが、取引で利益を得た場合は確定申告をして、税金を納めていかなくてはいけません。

確定申告では昨年一年間の1月1日から12月31日までに発生した利益、損益を確認する必要がありますから、FX関連の書類はすべて用意しておく必要があります。

給与所得者の方の場合、年間の雑所得の合計が20万円以上となった場合、課税となりますので、この場合に申告をしないと申告漏れや脱税となってしまう場合もありますので、税金対策はしっかり行っておきましょう。

そして給与所得者ではない専業主婦の方や無職の方の場合は年間の所得が38万円以下ならば申告不要となっていますが、自営業の方の場合は基本的に申告が必要です。

得られる収益は大きく分けて売買で得た為替差益とスワップポイントと呼ばれる金利収益があり、所得金額は粗利益から売買手数料や振込み手数料など必要経費と前年までの取引による損失である損失繰越額を引いたものとなります。

初めてFXで確定申告をする場合はわからないことも多くあるものですが、それぞれの業者のサイトでは税金についてもわかりやす解説されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

そして、納税には期限がありますので、それまでに申告が難しいという場合は税理士に相談してみるのもおすすめです。